修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

peach 成田発着の2路線廃止

 

最近様々な所へ就航地を増やしているイメージのあるLCC(ローコストキャリア)の1つであり、関西空港を拠点とする「peach」が成田ー札幌、成田ー沖縄・那覇の2路線を廃止することを表明しました。

f:id:travelpudding:20170216223720j:plain

peachは1度利用した事がありますが、あれはなかなかキツイです。いやほんと。

 

それはさておき、今回の「peach」の路線廃止には特に理由が明言されていません。

機材繰りの問題かもしれませんし、乗客数減少によるものかもしれません。

 

ここで「peach」の現在のダイヤを見てみると…

成田14:55→札幌16:40

札幌9:50→成田11:35

 

成田14:10→沖縄・那覇17:25

沖縄・那覇10:55→成田13:25

 

 

なんというか、「時間が逆なら選択肢に入るのに」という、とても中途半端なダイヤなんです。

悪い言い方をすれば「いてもいなくても変わらない」でしょうか。

それでも、たくさんの会社が同じ路線で競争すればするだけ、値段は落ちるのは事実ですが、「peach」の成田発着路線は関空発着路線よりも値段が高くつく事が多く、あまりセール運賃の魅力を感じないのもまた事実です。

 

※最近はLCCのセールでびっくりするような運賃は減り、「価格だけでキャリアを選ぶような時代は終わった」と、私は個人的に感じています。

 

そしてこの路線、LCC他社に敗北したとも受け取る事が出来ます。

 

f:id:travelpudding:20170216224022j:plain

成田ー札幌には「ジェットスター」「バニラエア」「春秋航空」の3社。

成田ー沖縄・那覇には「ジェットスター」と「バニラエア」の2社が運行しています。

 

それぞれのダイヤを見ると

成田ー札幌

「ジェットスター」→7往復

「バニラエア」→7往復(不定期便も含む)

「春秋航空」→1往復

 

 

成田ー沖縄・那覇

「ジェットスター」→5往復(土日は1往復運休)

「バニラエア」→2往復

 

 

2路線とも「ジェットスター」の本数は圧倒的ですね。これだけ本数があれば、その分選択肢も増えます。

「バニラエア」は那覇への本数がやや少なめですが、千歳便は圧倒的です。

 

「春秋航空」は最近投入されたばかりなので、まだ実験的といったところでしょうか。

もしかしたら「peach」と同じように、路線整理の可能性もあるかもしれませんね。

 

最近業績が安定しつつあるLCC業界にとっては珍しい「路線廃止」のニュース。

やはり国内線で運用するのは難しいのでしょうか。

色々考えさせられるニュースでした。