修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

アメリカの保安検査はとにかくめんどくさい

travelpudding.hatenadiary.jp

この記事の続きです。

 

シカゴでのトランジットを終え、チケットも確保し保安検査へ。

 

この保安検査がかなり厄介でした。

 

アメリカの保安検査が厳しいのはご存知の通りだと思います。

私は、あれが厳しいのは出国の時だけだと思っていたんです。言うなれば、日本の国内線に乗るのと同じような感覚。

 

「まあアメリカ国内線だし保安検査も大丈夫でしょー」

 

そう思っていましたよ。

 

人々が靴を脱いで保安検査へ向かう光景を見るまでは………

 

「靴脱ぐの!?」という驚きを隠せないまま、保安検査のレーンへ

初めて見る機械の中へ入ります。

f:id:travelpudding:20170223095612j:plain

この時それっぽくポーズしてればいいかと思いきや、足の置く位置や両手を挙げる時の角度など、かなりうるさく言われます。

 

そしてなぜか黄色い反応がでました。

検査員によるタッチでの確認を終え、バッグを引き取ろうとすると、なぜかバッグが来ません。

 

どうやら引っかかったみたいです。

 

「特に引っかかるようなものは入れてないしなあ」と思ったら、原因はこいつだったんです。

f:id:travelpudding:20170930152921j:plain

まさかボディシートが引っかかるとは思いませんでしたよ。ほんと。

 

係員が一生懸命に物質?を調べてるんですが、釈明とした答えは出なかったのでしょうか。すぐにバッグを返してくれました。

 

それはですね、汗を拭くためのシートなんですよ係員さん…