修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

夜のワシントンD.Cで観光 その1

 

ワシントンのメトロでダウンタウンへと到着した私。

 

ホテルにチェックインしてから色々していたら、すでに時刻は20時過ぎ。

 

こんな時間ですが観光をします。

 

前回の記事で、ワシントンメトロは「Foggy bottom」駅までしか運行していないという事を説明しましたが、これが予想以上にめんどくさかったんです。

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

シャトルバスは「orange line」の駅に準じた場所に止まるとはいえ、場合によっては全然違う場所に降ろされます。

 

また、停留所の場所がわかりづらく、場所がわかったとしても、シャトルバスの時刻表が存在しないため、時間が読みづらいという事もあります。

「free」なのはありがたいんですがね。

 f:id:travelpudding:20170319083704j:plain

私は、どうしてもホワイトハウスを最初に見たかったので、最初に向かうことにしました。

 

とりあえず「Metro Center」駅で降りればいいことはわかっていたので、シャトルバスに揺られ続けます。

 

その間ずーっとGooglemapで追いかけ続けたのですが、イマイチ場所が把握できず。

 

停留所に停まって乗客が一斉に降りだしたので、ここが「Metro Center」駅の近くなんだなと思ったので、すぐさま下車。なんとも情けない話です。

f:id:travelpudding:20170319084224j:plain

ホワイトハウスに向けて歩き始めましたが、ほとんど人がいません。

これが本当に一国の首都か?と思わせるほどでした。

f:id:travelpudding:20170319083813j:plain

この理由は数日後、友人に聞かされてようやく判明します。

 

私がワシントンD.Cを訪れたのは2月5日。

そう、この日はヒューストンで「スーパーボウル」の試合が開催されていた日です。

 

スーパーボウルは、全米のテレビ視聴率が50%にものぼると言われるバスケットボールの試合です。

さらにこの日の試合は、スーパーボウル史上初の延長戦。盛り上がらないわけがありません。

 

※レディーガガがハーフタイムのショーで、やんわりとトランプ大統領を非難した話も当然知りません。

 

そんな中で、私は呑気に観光していたことになります。普通の観光客のつもりが、周りから見ればただの異常者ですね。

 

F通りを西へ10分ほど歩けば、白い建物が見えてきますが、これはホワイトハウスではありません。アメリカ財務省の建物です。さらっと言ったけど、財務省大きい…

f:id:travelpudding:20170319090536j:plain

ここからすぐの公園の敷地に入り、ホワイトハウスを探します。

 

ホワイトハウスがすんなり見つからず、しばらく迷っていると、なんと女性警察官に声をかけられました。

 

警察官に「この辺りをうろうろしないでねー」と言われましたが、別にkeep outの所を歩いてるわけではないのです。

そこで、素直に「ホワイトハウスを見たい」と告げると、親切に場所を教えてくれました。

 

これはありがたいと思いましたが、冷静になって考えてみれば、私はあの人に絶対不審者だと思われたはずです。なんてったって、その日は2月5日ですからね。

f:id:travelpudding:20170319084123j:plain

警察官に教わった道を行くと、ホワイトハウスは姿を見せてくれました。

普段ライトアップされたホワイトハウスを見ることもないので、かなり新鮮でした。

 

その2に続きます。

 

travelpudding.hatenadiary.jp