修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

ゼミ合宿でシンガポールへ 〜キャリア選択編〜

「あなたは日本からシンガポールまでどうやって行きますか?」と聞かれた時、どんな選択肢が思い浮かぶでしょうか。

こんな質問をするのは、私が今度ゼミ合宿でシンガポールに行くからです。

f:id:travelpudding:20170616111524j:plain


ここでの最適解は、「年間21万マイル貯めて行く」という事ではありません。移動手段の話です。

OKA-SINという言葉がもてはやされて久しいですが、お修行ならANAかJAL、あるいは直行便という理由で選ぶなら、シンガポール航空やデルタ航空という選択肢もありますね。

※OKA-SINの派生型としてOKA-KULやOKA-BKKなんてのもあるらしいですね。私はOKA-BKKがいいと思いますよ。当然こいつで行くんですよね?

f:id:travelpudding:20170616111618j:plain


安さを重視するならベトナム航空という選択肢もあります。日によりますが、みんな大好きあの中国国際航空よりも安かったりします。


私も最初、「ANAかJALで決まりでしょ。まあシンガポール航空でもいいかな」

「他にも友人がいるから1人でラウンジは使えないし、普段使わないキャリアの方がブログのネタになるし」って思っていました。

f:id:travelpudding:20170616112131j:plain

JAL単純往復だと、価格的に往復深夜便になってしまい、「離陸しました!ご飯食べました!寝ました!起きました!着陸しました!」という、私の生態を晒すだけの記事になってしまうのは必至。

f:id:travelpudding:20170616111705j:plain

それならANAでもシンガポール航空でもありかなって思っていました。

(え?デルタ?出発時間がちょっと…ね…)


ところが、圧倒的な価格差をつけた奴らが現れます。

そう、LCCです。

f:id:travelpudding:20170616111948j:plain

なんてったって安い。シンガポールまでレガシーキャリアの半値ぐらいで行けてしまうんです。

お金のない大学生は、旅費を出来るだけ安くあげようとするため、LCCが最優先の選択肢として上がって来てしまいます。

f:id:travelpudding:20170616112015j:plain

私は、奴隷船でシンガポールなんてまっぴらごめんなので、すぐさま反対しました。

しかし、夏休みにも関わらず「往復スクート利用でホテル付き2泊4日52000円(受託手荷物20kg込み)」というプランを提示された時に、敗北を確信しました。安さには勝てません。いや安すぎないかこれ?

実はこれで本決まりではありませんが、間違いなく勝てないでしょう。乗り継ぎ込みで9時間。耐えられるのか俺。



こうして(ほぼ)決まったシンガポールLCC往復、その後の様子は随時記事にしていくつもりです。

 

travelpudding.hatenadiary.jp