修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

ヘルシンキ空港とフィンエアーラウンジ訪問

フィンランド航空804便でヘルシンキに到着したところからの続きです。 

www.travelpudding.com

 

ヘルシンキ空港はコンパクトであることがウリで、乗り継ぎが非常に便利なことで有名です。

 f:id:travelpudding:20170619103016j:plain

f:id:travelpudding:20170619103035j:plain

「という事は、乗り継ぎにそこまで時間がかからずに、ラウンジに快適に長く滞在できるのではないか」

そう思って実際に利用してみましたが、私のケースではそんな事ありませんでした。

 

まず、出国審査でめっちゃ渋滞します。

なにせ、ヨーロッパ各地から来た乗客がこのヘルシンキに一斉に集い、アジア各地にまた散っていくんです。

 f:id:travelpudding:20170619102946j:plain

フィンランドはシェンゲン協定に加盟しているので、欧州のシェンゲン協定加盟国からの移動には、パスポートチェックは必要ありません。

 

ところが、フィンランドから先のアジア諸国には、シェンゲン協定なんてものは存在しません。

つまり、ここで出国審査を受けなければならないんです。

絶対に避けられない関所みたいなものですね。

 

この「関所」の数が利用客のわりに少ないので、とても渋滞します。

※訂正 コメントでご指摘があった通り、シェンゲン協定加盟国から非シェンゲン協定加盟国へ向かう際、保安検査はありません。 日本からヘルシンキ経由で来た友人の話と混同しており(日本発だと、ヘルシンキで入国審査→保安検査があります)、これを勘違いしたまま記事にしていました。大変失礼しました。

途中から係員が増員されてスムーズになりましたが、それでもトータルで20分かかりました(これは入国審査の話です)

 

すでにこの時点で時刻は16:30を過ぎています。

駆け足でラウンジに向かい、急いで中へ。

 f:id:travelpudding:20170619103108j:plain

ラウンジの利用者はとても多く、「ショッピングモールのフードコートで、家族連れが空席をさまよい歩く光景」となんら変わりありません。

 f:id:travelpudding:20170619103238j:plain

正直言って、この状態だとここで落ち着くのは無理だと思った方がいいです。

 

※一応ファーストクラスラウンジもあるみたいですが、JMBサファイアでは入室できません。今回はビジネスクラスラウンジを利用しています。

 

フードもそこまで充実しておらず、軽食をいただける程度でした。

飲み物はコーラです。ワインじゃないです。

 f:id:travelpudding:20170619103329j:plain

もう少しこのラウンジをゆっくり見たかったのですが、時間の関係で断念。

再訪を誓いつつ、20分足らずで外に出て搭乗口に向かいました。

 

www.travelpudding.com