修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

マレーシア航空788便 クアラルンプール~バンコク

クアラルンプールに戻った後は、ホテルで1泊し、翌日クアラルンプール国際空港へと向かいました。

 

こちらの続きです。

www.travelpudding.com

 

ビジネスクラスチェックインを利用してあっさりチケットを出してもらい、不思議なほどガラガラな出国審査を終え、この後はラウンジへ。

 

その様子は別記事でまとめてあります。

 

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

出発40分前になり、搭乗口へ。

 

バンコク行きはH8ゲートですが、なぜかゲートが空いていません。

隣のH10ゲートと共通で保安検査をしています。行き先は忘れましたが、確かマリンドエアと共通でした。

 

当然これでは客をさばききれないので、こんな有様。

 f:id:travelpudding:20170710113431j:plain

私がやってきた出発40分前ぐらいに、バンコク行きのためにようやくH8ゲートを開けたみたいです。

 

だったら1時間前集合なんてやめちまえって思うのは私だけでしょうか。

 

出発30分前から搭乗を開始するのは律儀に守ったので、結局出発は定刻通りの12:20過ぎだったのが幸いです。

 f:id:travelpudding:20170710113519j:plain

搭乗率は7割ほど。予想に反して少ないです。

私の列だけでなく、ほとんどの列で隣席ブロックがなされていました。これはありがたい。

 

タキシングの最中に、お役御免になった飛行機たちが見られるのもクアラルンプールならでは。

 f:id:travelpudding:20170710113539j:plain

プッシュバックから10分で離陸。

相変わらずこの空港は、動き出してからはスムーズなんですよね。

 f:id:travelpudding:20170710113557j:plain

離陸して20分ほどで、早速機内食が出てきます。とにかくマレーシア航空さんはスピードが速くていい。

 

味は普通にいけます。

 

進路を北に向けているMH788便は、昨日行ったペナン島の上空あたりを通過しますが、クアラルンプール国際空港からの所要時間は40分ほどです。

 f:id:travelpudding:20170710113719j:plain

行程の半分あたりで、眼下に広がる国がマレーシアからタイに変わります。

 

それにしても、クアラルンプールからバンコクって意外と遠いんですね。

飛行機で行っても2時間かかりますし。

 

機内食を食べてしまえば、あとはのんびりタイム。バンコクまでの時間を誰にも邪魔されることなく過ごせます。

 

離陸から1時間半ほどして、降下を開始し、地上が近づいてきます。

 f:id:travelpudding:20170710113741j:plain

天気はあまりよろしくなさそう。

f:id:travelpudding:20170710113850j:plain 

多少揺れましたが、ほぼ定刻にバンコク・スワンナプーム空港に着陸しました。

 

 

クアラルンプールの地上が「アレ」過ぎたので、一時はどうなるかと思いましたが、結局は定刻に出発し到着したのでよしとしましょう。機内については、特に言うこともありません。

 

ただですね……

ゲートを指定したなら、そのゲートではきっちり職員をつかせて保安検査するべきだと思うんですよね。

 

仮に、ゲートを開けていてそれでも遅延したら、それはもうどんまいって感じですし、特に文句はありません。私はそんな程度では怒りません。

 

しかし、ゲート1列で2便分の保安検査をやるのは、明らかに無理があると思いませんか。

こんなんで遅延したら、普通にイラッとしますよ。なんのための1時間前集合なのかと。

 

わざわざめんどくさい「搭乗前保安検査」を客に強いていて、なおかつ1時間前集合を要求しているわけですし、せめて「ゲートを開けている」というパフォーマンスはした方がいいと思うんです。

 

そう思うのは贅沢な話でしょうか。

 

 続きます。

www.travelpudding.com