修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

2017年・中国地方鉄道旅 後編(伯備線・山陽本線)

翌朝。

 

寝る前にあらかじめ7時にアラームをかけたのはいいですが、どうもホテルのカーテンの遮光力が弱く、6時半に目覚めてしまいました。

 

かといって起き続けるのもしんどいので、迷わず2度寝。

 

無事7時に目を覚まし、チェックアウトして米子駅へ向かいます。

 

 

travelpudding.hatenadiary.jp

こちらの続きです。

 

f:id:travelpudding:20170907110920j:plain

駅前のセブンイレブンでパンを買ってる最中、

 

こんなものを見つけたので購入しました。駅名標ミントなる商品。お値段は238円。お土産にいかがでしょうか?

 f:id:travelpudding:20170907115438j:plain

もろもろの用事を済ませて、改札を抜けて目の前の1番線で列車を待機。すでに青春18きっぷの2日目のスタンプは押してもらっています。

 f:id:travelpudding:20170907110959j:plain

今日最初に乗車する列車は、米子7時36分発普通新見行き。

この列車を選んだ理由はそのダイヤにあります。

 f:id:travelpudding:20170907111035j:plain

この列車は、途中「黒坂」「上菅」「上石見」「新郷」の4駅で、行き違いなどでたっぷりと停車するので、降りつぶしにはもってこいの列車なんです。

 

新見行きは2両繋いでいますが、ワンマン列車なので主要駅以外では2両目のドアは開きません。

 

米子から2駅の伯耆大山では降車客が多くいました。

 

ここから伯備線に入ります。

と同時に単線区間になりますが、電化されているのは山陰本線ではなく伯備線の方。相変わらず景色の中に架線柱は存在し続けます。

 

 

伯耆大山を過ぎると、乗客の変動はあまりありませんでした。のどかな田園の中を突き進みます。

 f:id:travelpudding:20170907112253j:plain

途中の根雨で3分停車。ここで2号車のかなりの乗客が消えます。

 

そして、米子から約50分、最初の降車駅でもある黒坂に到着です。

 f:id:travelpudding:20170907112331j:plain

f:id:travelpudding:20170907112405j:plain

根雨を過ぎても車内に残っていた高校生たち4人が、ちゃんと(?)下車したので、近くに高校でもあるのでしょう。

 

黒坂では、昨晩22時に東京を出発した「サンライズ出雲」出雲市行きに道を譲ったあと、こちらも発車。

 f:id:travelpudding:20170907112517j:plain

次の上菅では9分停車。

駅舎は倉庫みたいな感じです。

 f:id:travelpudding:20170907112448j:plain

f:id:travelpudding:20170907112616j:plain

駅の目の前を国道180号線が通っていますが、車通りは少なめ。

f:id:travelpudding:20170907112655j:plain 

今度は「やくも1号」出雲市行きに道を譲ります。

 f:id:travelpudding:20170907112830j:plain

次の生山は、特急列車も一部停車し、この駅で折り返す列車も存在するような駅ですが、対向列車がいないのですぐに発車。

 

伯備線は、他の陰陽連絡路より線形がいい方ですが、カーブや勾配が多く、普通列車でもかなり振られます。

 f:id:travelpudding:20170907112940j:plain

次に長時間停車する駅は上石見。

 f:id:travelpudding:20170907113025j:plain

なんとここで19分も停車します。

 f:id:travelpudding:20170907113121j:plain

米子をこの列車の43分、根雨を37分後に出発した「やくも8号」岡山行きを先に通すためです。

 f:id:travelpudding:20170907113509j:plain

いくら特急が速いとはいえ、根雨からたった4駅で、37分差を詰められるこの新見行き列車も、なかなか悲しいもんです。

 

仮に上石見ではなく1つ隣の新郷が2面3線の駅だったら、新郷でまとめて行き違っていたんでしょうか。

f:id:travelpudding:20170907113223j:plain

 f:id:travelpudding:20170907113300j:plain

この列車を散々待たせた「やくも8号」がさっさと追い抜いていきました。

ようやくこちらも発車。

 f:id:travelpudding:20170907113344j:plain

f:id:travelpudding:20170907113428j:plain

次の新郷(にいさと)で最後の長時間停車です。

f:id:travelpudding:20170907113541j:plain

今度は「やくも3号」出雲市行きを待ちます。この駅から岡山県に入ります。

 

新郷は、なんとなく雰囲気が中央本線の古虎渓駅に似ているような気がします。列車の本数は段違いで古虎渓の方が多いんですけどね。

f:id:travelpudding:20170907113632j:plain

 f:id:travelpudding:20170907113714j:plain

こうして見ると、やっぱり伯備線もカーブがきついです。

 f:id:travelpudding:20170907113752j:plain

f:id:travelpudding:20170907113835j:plain

「やくも3号」に道を譲ったあとは、ここからは行き違い列車もなく、この列車の天下(?)となります。

 

9時50分、ようやく新見に到着しました。約21時間ぶりに新見に帰ってきたことになります。

 

ちなみに米子からの表定速度(加速、減速をせずにずっと走り続けたとした時の速度のこと)は約35km/h。これは山手線とほぼ同等です。

って考えると相当遅いですよね。

 

次に乗る和気行きは、階段の乗り降りはなく、隣のホームから9時57分に出発します。

 f:id:travelpudding:20170907113918j:plain

もう伯備線で降りられそうな駅はないので、ひとまず眠ることにします。

 

気づけば総社を過ぎていました。1時間ほど寝ていたようです。

 

 

復路でも岡山で一旦下車し、岡山駅近くの「イオンモール岡山」で小豆島ラーメンをいただきました。

 f:id:travelpudding:20170907114444j:plain

f:id:travelpudding:20170907114516j:plain

おなかを満たした後は、急いで駅に戻って、岡山12時12分発の相生行きに乗り込みます。

 

これを逃すと1時間後まで姫路まで行ける列車が来ないので、なんとしても乗る必要があったのです。

 f:id:travelpudding:20170907114600j:plain

山陽本線ののどかな田園風景を眺めていると、途中「トワイライトエクスプレス瑞風」とすれ違いました。あまりに急だったので、撮影は出来ませんでした。

ぱっと見JR九州の特急「ゆふいんの森」にしか見えないのは私だけでしょうか。

 

岡山から1時間5分で相生に到着。

f:id:travelpudding:20170907114807j:plain

 f:id:travelpudding:20170907114638j:plain

ここで姫路行きの列車に乗り換えですが、かなりの人が並んでいたので、座れるかどうか不安でした。

 

それでもほぼ全員が着席出来たのはラッキー。

 

 

山陽本線もここまで来ると、神戸や大阪のベッドタウンとしての色が濃くなってきます。

 

相生から5駅、20分で姫路に到着します。

 

ここからは新快速に乗車して大阪へ向かいます。

 

www.travelpudding.com