修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

クアラルンプール発券のポジショニングを中国国際航空でやってみた (羽田〜北京〜シンガポール)

今回は、いよいよ中国国際航空に搭乗するところからスタートします。

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

 実はこれが初1人海外旅行で、非常に緊張していたんです。

 

その1便目にこの会社を選んだ私も私なんですが…

 

 

CA182便北京行きの出発は13時55分。出発40分前に搭乗する流れは他の航空会社と変わりません。

f:id:travelpudding:20170916200556j:plain

機材はA321で通路1本の機材だったからか、スムーズに着席出来ませんでした。

 

 

座席は通路側だったのもあって、足元は特に問題なし。ちなみに個人用モニターがない機材でした。

 

 

 

予想に反して、搭乗はすんなり終わってドアクローズ。そしてプッシュバック…

 

したのはいいのですが、突然立ち上がる女性客with赤ちゃん。そして機内後方へ。

 

他にも何人か立ち歩いていました。

 

飛行機がすでに動き始めているのに、シートベルトを付けないどころか、歩き始めるとは思ってもみませんでした。

 

 

 

結局、離陸するまでには全員着席して一安心。

 

 

無事離陸し、しばらくして機内食がやってきます。

前回の記事でも言及したように、ちゃんとした食事がサーブされます。

 

機内食を食べ終えると、あとはまったり。

 

 

 

今どこを飛んでいるのかすらわかりませんでしたが、定刻だと羽田を13時55分に出発し、4時間半かけて、北京に17時25分に到着予定となっていました。

 

 

「実際そんなにかかるわけないやろ」と思っていましたが、その想定通りで、北京時間の16時前には着陸態勢に入りました。

 

 

結局ほぼ定刻に出発して、1時間も早い16時30分に北京国際空港に到着したのです。

 

 

次に乗るCA975便シンガポール行きは0時5分発。

 

 

さすがに7時間半もあれば余裕で市内に出れるので、中国に一旦入国して、機場線という電車を使って市街地へと繰り出します。目的地は天安門広場。

f:id:travelpudding:20170916180447j:plain

中国では、その電車に乗る前に、いちいち荷物をx線に通さなければいけないんですね。お国柄の違いを感じつつ、チケットを買って保安検査を通過します。

f:id:travelpudding:20170916180531j:plain

電車は何事もなく出発。北京国際空港を離れてしばらくすると、道路と並行するのですが、その車線の数や構造など、日本とはスケールが違いすぎて驚きます。

 

また、日中なのに太陽を直視できるほど空気が悪いという。

f:id:travelpudding:20170916180619j:plain

終点の東直門駅に着いたあとは、地下鉄2号線に乗り換え。

f:id:travelpudding:20170916181923j:plain

外回り・内回りどちらを使っても、最終的には1号線に乗り換え、天安門西か天安門東駅で降りることになります。

f:id:travelpudding:20170916182050j:plain

実際は外回りを使った方が早いのですが、間違えて内回りを使ってしまいました。この程度のミスは良くあること。

 

 

地下鉄の中でスリに遭わないようにビクビクしていましたが、特に問題なかったです。

 

 

建国門駅で1号線に乗り換え、ようやく天安門西駅へ。

 

 

 

目的地の天安門広場は、駅から歩いて5分前後で行けました。

f:id:travelpudding:20170916180700j:plain

天安門広場に入る前も保安検査を受け、無事通過。

 

天安門広場は、私が想像していたよりも大きかったです。

f:id:travelpudding:20170916181058j:plain

f:id:travelpudding:20170916180748j:plain

たくさんの人だかりが出来ている所もありましたが、目的はよくわからず。

f:id:travelpudding:20170916180828j:plain

1時間弱その辺をうろついて、再び空港に戻ります。

f:id:travelpudding:20170916181138j:plain

f:id:travelpudding:20170916181223j:plain

今度は間違えずに天安門東駅から1号線に乗り、復興門駅で乗り換え。

 

 

再び東直門駅から機乗線に乗る前に、駅前を散策。

近くにはショッピングモールもあり、活気溢れる場所でした。

f:id:travelpudding:20170916181302j:plain

 

f:id:travelpudding:20170916181337j:plain

20時40分ごろに北京国際空港に戻ってきました。

それでもまだ出発3時間半前です。

f:id:travelpudding:20170916181407j:plain

出国審査や保安検査を終え、出発ターミナル内をうろつきます。

f:id:travelpudding:20170916181439j:plain

空港内のWi-Fiは、あるにはありますが使えないサービス(LINEなど)もあります。

 

待ち時間の間に、日本で買い込んだおにぎりを食べ、お腹を満たします。

 

※当時は中国国内での食事に、並々ならぬ恐怖を抱いていたためです。

 

 

あーだこーだしているうちに、搭乗時刻になったので、ゲートへ。

f:id:travelpudding:20170916200643j:plain

深夜便なのかシンガポール行きだからか、はたまた通路が2本のA330だったからか、理由はわかりませんが、羽田よりも北京の方が「まとも」だったように思えます。

f:id:travelpudding:20170916182236j:plain

 

f:id:travelpudding:20170916182321j:plain

CA975便はディレイすることなく、定刻の0時5分よりやや早くプッシュバック。

 

 

北京からシンガポールまでは、時差もなく仮眠も十分取れる距離。

 

 

途切れ途切れではあるものの、4時間半ほど眠ることができ、シンガポール・チャンギ空港に定刻よりやや早く到着しました。

f:id:travelpudding:20170916182713j:plain

もう少し続きます。

 

www.travelpudding.com