修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

クアラルンプール発券のポジショニングを夜行バスでやってみた(シンガポール〜クアラルンプール)

中国国際航空に乗って、無事にシンガポールチャンギ空港に着陸して、ターミナルにやってきました。

 

これらの記事の続きです。

 

 

travelpudding.hatenadiary.jp

travelpudding.hatenadiary.jp

 

私は、シンガポールの高額なホテル代に恐れをなし、チャンギ空港にある「アエロテル トランジットホテル」に宿泊(もとい仮眠)し、翌日LCCでクアラルンプール国際空港に向かおうと考えていました。

 f:id:travelpudding:20170921200005j:plain

しかし、予約の日付を1日勘違いするという超初歩的なアクシデントをやらかします。

 

※予定ではLCCの搭乗日にチェックインし、6時間仮眠をとる予定でした。

ホテルを予約するときのクセで、つい搭乗前日(つまりシンガポールに着いたその日)に予約を入れてしまいました。

 

まあやりようはあったのですが、このホテルは6時間以上ステイすると、延長料金がかかってくるんです。

 

 

だったら、シンガポールに着いてから、そのまま寝てしまえばいいんじゃないか?

 

という事で、早速ホテルに向かいます。

 

ホテルは到着したのと同じ第1ターミナルにあります。

 

チェックイン。

 

ホテルの外にプールがあることに驚きつつ、部屋へ向かいます。

f:id:travelpudding:20170921194510j:plain 

あまり大きな音を立てないようにしつつ、自室の中へ。

 f:id:travelpudding:20170921194545j:plain

至極快適!というわけではありませんが、仮眠するにはもってこいのロケーション。

 f:id:travelpudding:20170921194625j:plain

しかも、シャワーが浴びられるのも大きなメリットです。

 

最安で泊まるなら、6時間しか利用できないというデメリットもありますが、これで3400円なら「アリ」なのではないでしょうか。

 

 

シャワーを浴び、たっぷり5時間仮眠を取った後、チェックアウトします。

 

 

この後入国するのですが、これがちょっと厄介。

 f:id:travelpudding:20170921205303j:plain

なにしろ、今回の旅程は片道発券。

 

シンガポールの入国カードは、「どこで滞在するのか」という事以外に、「どこから来たのか」「次にどこへ行くか」という事を聞いてくるんです。私は北京から来て、マレーシアに行くと書きました。

 

 

「ああそうかい、君はマレーシアに行くんだね!」って済むわけがありません。

なにせ、シンガポールに滞在もしないし、飛行機のチケットも持っていない。

 

当然質問されます。君はどうやってマレーシアに行くのかと。

 

私はバスと答えましたが、信用されていないのか、係員はチケットを見せろと言い張ります。

 

そこで、あらかじめ印刷したバスのチケットを見せ、疑いは晴れます。

 

 

が、それだけでは終わりません。

 

「君はこんな時間までいったい何をしていたのか」と聞かれます。

 

 

CA975便がシンガポールに到着したのは6時30分ごろ。

私が入国審査をしていたのは、すでに14時前でした。

 

何していたかも何も寝ていただけなのですが、北京から来た日本人が、帰りのチケットも待たず、宿泊先も書かず、7時間半も空港内にとどまり続け、あげくマレーシアに行くとのたまっているわけです。

 

まあ普通怪しみますよね。

 

 

私は「ホテルで寝ていた」と主張し、CA975便のチケットまで見せて、私は怪しくないですよオーラを出し続けるしかありませんでした。

 

結局、係員にスタンプを押してもらえましたが、かなりキレ気味でした。

 

 

入国できればこっちのもの(?)なので、MRTに乗って市街地に出て、しばしシンガポール観光をすることにします。

f:id:travelpudding:20170921194735j:plain

昼マーライオン

f:id:travelpudding:20170921194829j:plain

夕方マーライオン

f:id:travelpudding:20170921194903j:plain

夜マーライオンを見たり、

f:id:travelpudding:20170921194937j:plain

近くのホーカーでチキンライスを食べたり

 

マリーナベイサンズまで散歩したりしていました。

f:id:travelpudding:20170921195026j:plain

f:id:travelpudding:20170921195058j:plain

 

f:id:travelpudding:20170921195140j:plain

ショッピングモールなどに入りつつ、綺麗な夜景を眺めます。

f:id:travelpudding:20170921195331j:plain

 

f:id:travelpudding:20170921195417j:plain

 

f:id:travelpudding:20170921195459j:plain

 

f:id:travelpudding:20170921195530j:plain

なんだかんだしていたら午後9時です。

 

クアラルンプール行きのバスは23時59分発なので、まだまだたっぷり時間はありますが、することがないので移動し始めます。  

f:id:travelpudding:20170921195610j:plain

「City hall」駅からMRTに乗り、「paya lebar」駅で降ります。

 

ここからバス乗り場まで歩きました。

 

「Hang road」をまっすぐ南に進み、「East coast road」との交差点を左折。

 

しばらく歩けば目的地に到着します。「paya lebar」駅から歩いて30分ぐらいでした。

 

 

今回クアラルンプールまで利用するのは、「KKKL」というバス会社。お値段は30SGD(日本円で2400円程度)。

 f:id:travelpudding:20170921205047j:plain

バス乗り場の近くに、KKKL社のオフィスがあり、そこでチェックインを受けます。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

www.busonlineticket.com

バス待ちの人達が1階で待っていましたが、日本人の顔は見受けられず。どうやら日本人は私1人だけだったようです。

 

約1時間ぐらい待ったころ、オフィスのお兄さんに先導され、ぞろぞろと乗客が動き始めます。

 

待つこと2〜3分で、バスがやってきました。

 

中はこんな感じ。

f:id:travelpudding:20170921204523j:plain

豪華な1×2列シートで十分なゆとりが設けられています。かなりリクライニングが出来るのはありがたい限り。ちなみに、トイレはありません。

 

乗客は20人前後でしたが、車内はすでに暗かったので、話し声はほぼありませんでした。それはそれで異質な感じ。

 

謎の緊張感に包まれながら、バスは0時5分過ぎに出発し、しばらくすると高速に乗りました。クアラルンプールに向けて順調に北上します。

 

 

 

40分ほど経ったでしょうか。暗かった車内がいきなり明るくなり、バスの運転手に「外に出ろ」と言われます。

 

そう、シンガポールの出国審査です。

 

 

シンガポールとマレーシアは大きな橋を通じて繋がっていまして、その橋の前後で出入国管理を行なっているのです。

 

てっきりバスの車中でやるもんだと思い込んでいましたが、外に出なくてはならないんですね。

 

 

実際のところ、いたって普通の出国審査でしたが、陸路での出国審査などやった事がないので、何か新鮮だったりします。

 

あっさりシンガポールを出国し、再びバスの中へ。

出発して5分もかからないうちに橋を渡り、再び外に出ます。今度はマレーシアの入国審査。

 

これもいたって普通の入国審査でしたが、出国して10分以内に入国するというのも、当然初めての経験です。

 

 

マレーシアに入国したあと、コンビニのような所に寄れたので、飲み物を購入しました。

 

物価はシンガポールの1/3程度で、コーラは50円ほど。とりあえず1本買いました。

 

バスの中に戻って、さっさと眠る体制に入りました。この時点で時刻は午前1時を回っています。

 

 

 

 

午前4時半すぎ、車内が再び明るくなります。

今度は何事かと思いきや、乗客の何人かが降り始めたんです。

 

なんと、もうクアラルンプールに着いてしまったんです。

 

これは非常に予想外で、あまりの早さに驚いてしまいました。

 

最終的には午前5時前に「the 5 elements hotel」の近くで降りることになりました……

 





というわけで、都合3回にわたって記事にしたクアラルンプール発券のポジショニングですが、いかがだったでしょうか。

 

 

最後の夜行バスは、午前5時にクアラルンプールに放たれることを考えたら、あまりオススメ出来ません。

 

普通の人なら、ほぼ同じ値段のLCCを使って、直接クアラルンプール国際空港に向かい、日本への直行便で帰国するかもしれませんね。

 

まあ、前書きでも買いたように、「こういうルートもあるよ」と言いたいだけで、「こうしろ」とは言っていませんのであしからず。