修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

再びマカオに入国し、フェリーで香港へ

翌朝。

 

午前6時ごろ、ごみ収集車(?)の「it's a small world」の音色で叩き起こされます。

 

中国のどこがsmallやねん…と若干イラつきつつ、もう一度眠りにつきます。

 

www.travelpudding.com

 

午前8時すぎ、予定通り目覚めます。朝食はいただかず、さっさとチェックアウトします。

f:id:travelpudding:20171001070936j:plain

マカオに入国する前に、予めコーラとスプライトを仕込んでいきます。飛行機と違って保安検査はないので、こんな芸当も可能です。

 

ちなみに値段はいずれも10元ちょっとでした。マカオだとこの3〜4倍高いです。

 

そして前日やってきた広場に戻ってきます。

f:id:travelpudding:20171001071014j:plain

f:id:travelpudding:20171001071041j:plain

午前9時ごろだったので、おそらくピークは過ぎていたんじゃないかと推察。

 

それでも大勢の人たちが建物の中に吸い込まれていきます。その人並みの中で、自転車を押しながら出国審査に向かう人を見かけたのでびっくり。

そんなことも出来るんですね…

f:id:travelpudding:20171001071104j:plain

大量の中国人にもまれながら、やや急ぎ足で中国の出国審査に向かいます。

 

思っていたよりも時間がかかりましたが、アメリカやイギリスなどに比べると、格段に早く通過出来ます。

 

中国の出国審査、マカオの入国審査を合わせても20分ちょっとで終わりました。

 

 

さて、再びマカオに帰ってきたはいいものの、もうやる事がありません。

 

適当にカジノバスに乗って、ぶらぶら散歩して、

f:id:travelpudding:20171001071725j:plain

閑散としたセナド広場を見学し、

f:id:travelpudding:20171001071534j:plain

またマカオバスに乗って、マカオフェリーターミナルに到着しました。行きと同じくフェリーを使って香港・中環に戻ります。

 

出国審査も乗船手続きも非常にスムーズ。フェリーは11時30分発でしたが、15分前ぐらいから乗船を開始し、今回もやや早めに動き始めました。

f:id:travelpudding:20171001071859j:plain

相変わらずターボジェットは飛ばします。結局1時間ちょっとで香港・中韓のフェリーターミナルに戻ってきました。

 

この鉄板ルートも、マカオと香港を結ぶ橋が開通すると、やがて廃れていくのでしょうか。おそらく過去帳入りはしないでしょうが、運転頻度がどうなるかは、橋が開通してみないとなんとも言えません。

f:id:travelpudding:20171001071753j:plain

なんか寂しくなりつつ、香港の入国審査を受け、街中へと繰り出すことにしました。

 

www.travelpudding.com