修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

タイ国際航空640便 バンコク~成田 ロイヤルファーストクラス(A380運航)

バンコク・スワンナプーム国際空港に到着し、「おもてなし」を受けて、ロイヤルファーストクラスラウンジとロイヤルオーキッドスパを堪能したところからの続きです。

 

www.travelpudding.com

 

www.travelpudding.com

 

 

 

搭乗

搭乗10分前になったので、係員にお呼ばれします。

 

この日の成田行きの「タイ国際航空640便(以下TG640便)」のファーストクラス利用客は、私を含めて合計3人。

 

ラウンジ内で全員集合してから、搭乗口に向かいます。

 f:id:travelpudding:20171024230415j:plain

あまり時間がないので、出発前の様子をゆっくり撮影できませんでした。これはちょっと残念でしたが、普通はラウンジでゆっくりしたいでしょうから、このような思いをする人の方が少ないのでしょう。仕方ありません。

 

 

他の人とは違う導線でゲートまでやってきて、チケットを読ませます。

今回搭乗するのはタイ国際航空ご自慢のA380。

 

それゆえ、搭乗するのも2階からです。

 

実は今回のフライト、人生初ファーストクラスというだけではなく、初A380搭乗も兼ねています。

いざ機内へ

ファーストクラスとして使われているタイ国際航空のA380の2階席の空間は、エコノミークラスとは明確に区別されており、「特別感」が漂います。

f:id:travelpudding:20171024230612j:plain 

こちらが今夜の「寝床」、もとい座席です。

 f:id:travelpudding:20171024230544j:plain

腕を置く部分もやたら広々としていますね。

 f:id:travelpudding:20171024230649j:plain

足元も申し分ない広さが確保されています。

f:id:travelpudding:20171024230725j:plain 

CAさんがやってきて、ウェルカムドリンクをいただきます。

そのついでに写真撮影をお願いしたら、快く引き受けてくれました。

 f:id:travelpudding:20171024230756j:plain

このCAさんには、これから「何から何まで」お世話になることになります。

 

 

機内プチ探検&離陸

A380の特徴でもある機内の階段。

f:id:travelpudding:20171024231637j:plain 

ラウンジスペースです。

 f:id:travelpudding:20171024231655j:plain

座席には備え付けのパジャマが置いてあり、ラウンジスペースの近くには更衣室もありましたが、今回は利用しませんでした。

 

さしあたり撮影を終えたので、自席に戻ります。

 

パーソナルモニターの近くに、機内食の案内とA380のsafety instructionなどが置いてありました。

f:id:travelpudding:20171024231721j:plain 

f:id:travelpudding:20171024231806j:plain

機内食の文字を見ても、どんな料理が出てくるのかが想像できないという…

 

 

 TG640便は、バンコク・スワンナプーム国際空港を23時50分に出発しますが、この日は0時2分にプッシュバックしました。

 

約6時間前にも見たセーフティデモを見つつ、巨大な機体はゆったりと滑走路に向かいます。

 

プッシュバックから約10分で離陸。

 

A380の2階席は、聞こえてくるエンジン音も少なく、離陸の時にかかってくる「ショック」も少なく感じました。

 

機内食(1回目) 

独特の離陸を体験した後、シートベルト着用サインが消灯したのでシートを調節。

先ほどのTG639便(A330のビジネスクラス)よりも細かい調整が可能となっています。

 f:id:travelpudding:20171024232008j:plain

バンコクから成田までは、予定では5時間半ほどのフライト。

f:id:travelpudding:20171024232032j:plain 

時間もないので、すぐさま夜食のお時間です。

 

最初に出てくるのは「ポートワイン風チキンコンソメスープ」

f:id:travelpudding:20171024232103j:plain 

すごくあっさりしていて美味しかったです。

 

続いて「鴨のテリーヌとブリオッシュトースト」「大平目 サワークリームとサーモンキャビア」をいただきます。

 f:id:travelpudding:20171024232133j:plain

少し鴨の「クセ」があった気がしますが、気にせずいただきます。

キャビアは初めて食べましたが、ちょっと塩辛いなあという印象。

サーモンは安定に美味しいですね。

 

これで1回目の機内食は終了。

クオリティはともかく、出される食事内容は、エコノミーでは考えられないようなものばかりです。

 

座席をフルフラットに、そしてベッドを堪能

食事を終えたので、CAさんにベッドメイクをお願いしました。

 

CAさんは、慣れた手つきでベッドメイクの作業を進めていきます。

 

ものの3分で、私の席がベッドに早変わりしました。

 f:id:travelpudding:20171024232203j:plain

「座席がフルフラットになって、隣の乗客を気にすることなく身体を横にして眠れる」

これは、エコノミーで慣れきった身にとって天国のような環境でした。

 f:id:travelpudding:20171024232248j:plain

このまま眠るのももったいないような気がしましたが、時刻は1時。

 

さすがに眠さには勝てず、ベッドに身体を預け、眠りにつきました。

 

 

機内食(2回目)

3時間後、トイレに行きたくなって目が覚めます。

 

だいたいこのあたりまで飛んで来ています。

 f:id:travelpudding:20171024232316j:plain

※日本との時差が2時間もあるのに、シンガポールやクアラルンプール(これらは時差1時間)よりも、飛行時間は短いんです。ファーストクラスで熟睡出来たとはいえ、睡眠時間3時間なので、バンコク線の夜行便はきついです。

 

成田までここまで近づいたので、さっそく2回目の食事です。

 

まずは「フレッシュフルーツ」と「ヨーグルト」をいただきました。

特にヨーグルトがさっぱりしていて美味しかったです。

 f:id:travelpudding:20171024232344j:plain

「パンの取り合わせ」も同時にやってきましたが、こちらはあまり手をつけませんでした。

f:id:travelpudding:20171024232406j:plain

続いて3種類のメインから選べるのですが、私は「クレープ包み」をチョイスしたようです。

f:id:travelpudding:20171024232424j:plain 

こちらも、朝から食べるにはいいメニューでした。あっさりしていて美味しかったです。

 

着陸、そしてお別れ 

20分ほどで朝食を終え、片づけてもらったあと、機内Wi-Fiの無料パスをいただきます。ただこれ、20MBしか入っていないので、貰ってもあまり嬉しくはないんですけどね…

 f:id:travelpudding:20171024232513j:plain

インターネットには接続せず、成田到着までのひとときをのんびり過ごします。

 

 

 

日本時間7時5分ごろ、機長から「残り45分で着陸する」というアナウンスが入りました。

 

この空間にいられるのもあと少し、ということを改めて実感させられるようなアナウンスです。

 f:id:travelpudding:20171024232618j:plain

15分後に、私を担当してくれたCAさんから挨拶がありました。

バンコクからずっと私の面倒を見てくれたので、感謝しかありません。

 

その挨拶とほぼ同時に着陸態勢に入ったので、私もシートを元の位置に戻して、着陸に備えます。

 

 

 

少し旋回しましたが、7時45分ごろ、無事に成田空港に着陸しました。

 

5分ほどで駐機場に到着し、約6時間にわたる初ファーストクラス体験は幕を閉じることとなりました。

f:id:travelpudding:20171024232746j:plain

f:id:travelpudding:20171024232809j:plain

降機して、先ほどまで乗っていたA380を撮影。

f:id:travelpudding:20171024232840j:plain 

隣にはシンガポール航空の機体が止まっていました。あちらの上級キャビンもいずれ乗ってみたいですね。

 f:id:travelpudding:20171024232906j:plain

 

 

感想

香港から2便連続でタイ国際航空を利用しましたが、ビジネスクラスもファーストクラスも非常に快適に過ごせました。

 

 

特にバンコク・スワンナプーム国際空港に到着してからの「おもてなし」は、今まで受けたことのないような内容で、当時とてもびっくりしました。

 

 

飛行機で横になれるというのは大きなメリットで、このシートなら10時間越えのフライトでも余裕で乗ることが可能だと思いました。

 

 

アジア圏内では珍しいファーストクラス。機会があればまたタイ国際航空の「特別扱い」を受けたいなあと思いました。