修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

ベタにクアラルンプールを観光した

今年2回目のマレーシアは、1泊2日だったので、おとなしくクアラルンプールをうろつくことにしました。

 

こちらからの続きです。

www.travelpudding.com

 

※少し古いですが、クアラルンプールを走る電車の路線図を載せておきます。

f:id:travelpudding:20171112085421j:plain

 

目次

 

夜のツインタワーへ

とりあえず、夜のペトロナス・ツインタワーは見ておきたかったので、みんな大好きKLセントラル駅へ行き、LRTに乗ってKLCC駅へ。

f:id:travelpudding:20171112084050j:plain

私は、ツインタワーは昼よりも夜の方がきれいだと思いますね。

f:id:travelpudding:20171112084126j:plain 

ツインタワーを見たら、晩ごはんです。

大好きなNando'sに入りました。

f:id:travelpudding:20171112084541j:plain

これとドリンクを付けても600円程度です。

 

食事を終えたら、することもないのでホテルへ行きます。

 

このころは、IHGのポイント欲しさに、ブキッ・ビンタン近くのホリデイインエクスプレスに泊まっていました。

 

最終的にはこんなことになりましたが。

 

www.travelpudding.com

 

 

ブキッ・ビンタン周辺

翌朝。

 

出発までめちゃめちゃ時間があるので、時間の許す限りクアラルンプールをうろつきます。

 

最初に行ったのは、ブキッ・ビンタンのモール、「パビリオン」です。

 

困ったときはパビリオンに行くというぐらい、パビリオンに通っています。

f:id:travelpudding:20171112084707j:plain 

そのパビリオンの6階にある鼎泰豐で昼ごはんを食べました。

どう見ても台湾発祥の店ですが、私は辛いものがあまり得意ではないので、必然的にこういう店に入ってしまいます。

 f:id:travelpudding:20171112083957j:plain

ここの小籠包が美味しいのは周知の通りでしょうが、なんといっても安い!

 

飲み物をつけても余裕で1000円切るんです。

f:id:travelpudding:20171112084014j:plain

もちろん味も美味しく、満足して店を出ました。

 

お昼時(12時過ぎ)はかなり並ぶので、若干早めに行った方がよさそうです。

 

KLセントラル周辺

パビリオンでご飯を食べた後は、ブキッ・ビンタン駅からKLモノレールに乗ってKLセントラル駅へ。

 

KLセントラルから歩いて10分ほどで、クアラルンプール駅に到着します。

f:id:travelpudding:20171112083933j:plain

ここはもともとクアラルンプールの中心駅として機能していましたが、隣にKLセントラル駅が誕生してからは、中心駅としての役目を譲り、今はその独特の建築様式が観光名所となっています。

 f:id:travelpudding:20171112083834j:plain

しかし、いまは廃墟寸前のような様相を漂わせているのが少し残念。

 

その駅の向かいは、マレー鉄道の本社があります。

こちらも十分かっこいい建物ですね。

f:id:travelpudding:20171112084247j:plain 

※KLセントラル駅から歩かなくても、クアラルンプール駅は近くのパサール・セニ駅から直結しているので、そちらの方が楽かもしれません。私は乗り換えがめんどくさかったので歩きました。

 

そのあとは、また5分くらい歩いて国立モスク(新モスク)へ。

f:id:travelpudding:20171112084408j:plain 

建物が新しいので、モスクというよりは市民ホールのような見た目ですが、ここでちゃんとお祈りが行われています。

f:id:travelpudding:20171112084436j:plain

 

ムルデカ・スクエア周辺

そのあとは、20分くらい歩いてムルデカ・スクエアに向かいます。

 

ムルデカ・スクエアは、マレーシアがイギリスから独立宣言を行った広場として有名。市街地にあるとは思えないくらい広いです。

f:id:travelpudding:20171112083220j:plain

また、ムルデカ・スクエアの向かいには、「スルタン・アブドゥル・サマドビル」があります。

イギリスの植民地時代からある建物で、中は博物館になっています。

 f:id:travelpudding:20171112083255j:plain

こうした建物は、独立とともに撤去されてもおかしくないようにも思えますが、普通にクアラルンプールを代表する観光地になっているのだから不思議です。

 

ムルデカ・スクエアの近くには、シティギャラリーもあります。「I♡KL」のモニュメントはここにあります。

f:id:travelpudding:20171112083315j:plain 

そして最後はクアラルンプールの名前の由来となった場所へ。

 f:id:travelpudding:20171112083336j:plain

そう、このなんでもないような場所がまさしくそれなんです。

 

私が行った時には工事中でしたが、既に工事は終わって綺麗な広場になっているようです。

 

この日は、ネコもぐったりするぐらい暑かったので、LRTのマスジッド・ジャメ駅から、再びツインタワーのあるKLCC駅に向かって、スリアKLCCというショッピングセンターに行きます。

 

スリアKLCCの中にある、許留山というマンゴー専門店に行きます。こちらは香港発祥のスイーツ店。

 

実はこの許留山、さっき行ったパビリオンの中にもあるのですが、私が行った当時は工事中で営業しておらず、KLCCまで来ることにしたのです。

 f:id:travelpudding:20171112083406j:plain

こんな豪華なマンゴースイーツが、日本円で400円くらいで食べられるので安いもんです。

香港の半額強といったところでしょうか。

 

あらかた満足したので、KLセントラル駅に戻ります。かくして、私の短いクアラルンプール滞在を終えました。

 

※マレーシアの通貨は「リンギット」です。1リンギットあたり約27円で計算し、日本円換算としています(2017年6月時点でのレート)

 

こちらに続きます。 

www.travelpudding.com