修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

aviosを使って予約したBA運行便を、ワンワールド他社上級会員として座席指定する方法

「ブリティッシュエアウェイズ(BA)のaviosを使って、JAL国内線の特典航空券を発券する」テクニックがもてはやされて久しく、そのやり方や座席指定の方法まで、丁寧に説明されたブログは多く散見されます。

 f:id:travelpudding:20171121100001j:plain

※avios=航空会社マイルと同義

 

私は今度、BA運行便に乗る機会があり、「aviosを使ってBA運行便を予約した後、座席指定する方法」を知りたかったのですが、検索して出てくるのは「JAL国内線の座席指定方法!」ばかり。

 

結局自力でやれという、Googleさんのお告げだということですねわかります。

 

 

そこで、私がやった方法を備忘録としてまとめておきます。

 

ちなみに、こちらの方法ではダメでした。

そもそも予約が出てきません。

www.travelpudding.com

 

※また、上級会員でない人は、どんな方法を取っても座席指定料金がかかります。24時間前になったら、BAサイトから無料で座席指定出来るので、そこを狙うしかありません。

1つ言っておきたいのですが、決してBAのサイトが使えないわけではありません。

 

BAの上級会員は、こんな問題を気にしたこともないでしょう。座席指定の項目がしっかりと存在しますし、無料で座席指定出来ます。

 f:id:travelpudding:20171121095726j:plain

ここで問題になってくるのは、「BAではないワンワールド他社の上級会員が座席指定したい場合」です。

 

 

BA上級会員だけではなく、ワンワールドサファイア以上でも、無料で座席指定出来るのですが、BAのサイトからだとFFP(フリークエントフライヤープログラムの略)を変更する事が出来ません。

 

 

電話をするのは面倒くさいので却下。

 

 

そこでご登場いただくのが「カタール航空」のサイト。

 

トップページにある予約管理という項目から、BAで予約した時に出てくる6桁の番号(4ABCDEみたいなやつです)と苗字を入力し、ログインします。

f:id:travelpudding:20171121094311j:plain

このまま座席指定しようとしても、再びBAのサイトに飛ばされるだけなので、「update passenger details」というところに飛びます。

 f:id:travelpudding:20171121094325j:plain

性別、誕生日を埋めて、お好みのFFPを選択します。「redress number」は普通の人は書かなくて結構です。

 f:id:travelpudding:20171121094341j:plain

続いてこの画面に戻るので、

f:id:travelpudding:20171121094511j:plain

チェックを入れて、continueを押したら、携帯番号やメアド、緊急連絡先などを書く項目に移るので、それも入力します。

 

全て終えたら、カタール航空からメールが来るので、それが成功の合図となります。

 

 

※これで大丈夫かな?と疑心暗鬼になって、もう1度「update passenger details」に飛んでも、BAのFFP番号が表示されます。

 

これが仕様なのかはわかりませんが、メールが来れば問題ないです。

 

 

しかし、そのままカタール航空のサイトで座席指定は出来ないので、今度は「カンタス航空」のサイトを使います。

 

また「予約の照会」というところへ行き、6桁の番号と苗字を入力します。

 f:id:travelpudding:20171121094536j:plain

そして「seats」という項目を押し、自分の搭乗する便を選択して、changeから座席指定するだけです。

 

 

カンタス航空のサイトに出てくるシートマップと、

 f:id:travelpudding:20171121094558j:plain

BAのサイトに出てくるシートマップ、

f:id:travelpudding:20171121094610j:plain

同じですね。

 

カンタス側からは非常口座席は選べないようにもなっています。

 

一見すると、カンタス航空を通す意味があるのかと思われるかもしれませんが、BA側にデータが反映されるのが遅いので、カンタス航空で座席指定してしまってOKだと思います。

 

カタール航空のサイトもカンタス航空のサイトも、マイレージプログラムに加入する必要はありません。非常にお手軽ですね。