修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

運転再開直後の関西本線で名古屋へ(2017/8/5乗車)

桑名でアーバンライナーplusを捨てて、再びJRに戻ったところからの続きです。

 

www.travelpudding.com

 

本来であれば、16時7分に快速名古屋行きがやってきますが、この日はダイヤが大幅に乱れていたので、当然時刻表は機能していません。

 

とりあえず駅員に聞いておこうと思った矢先、駅員が「名古屋行きは2番線にまもなくやってきます」と大声で言っていたので、大人しく2番線で待つことに。

f:id:travelpudding:20171127175507j:plain

やってくるのは各駅停車かと思いましたが、どうやら快速らしいです。

おそらく、定刻だと14時7分発の快速名古屋行きでしょう。

 

ダイヤサイクルは2周遅れっていうところでしょうか。

 

 

しかし、待ってもなかなか列車は来ず。

 

 

向こうの1番線に普通四日市行きがやってきました。

しかも、快速名古屋行きが来る前に出発。

 

結局、快速名古屋行きは、先ほどの普通四日市行きと1つ手前の朝日で行き違いをしたようで、16時15分ごろ、快速名古屋行きがようやく桑名に到着。1番線には、快速みえ鳥羽行きがちょうどやってきたころです。

f:id:travelpudding:20171127175429j:plain

どうやら、対向の快速みえ鳥羽行きを桑名まで通して、さっさと出発させたかったみたいです。

 

それにしても、できるだけ亀山・伊勢方面のダイヤを優先させ、名古屋行きを雑に扱っているのが、関西本線のあり方が見えるようで面白いです。

 

 

快速は桑名を出ると名古屋まで止まりませんが、関西本線は基本的に単線区間が多くを占めるので、途中駅でも行き違いのために停車します。

 

 

早速、途中の永和で運転停車。

時刻は16時23分。対向列車がいません。

 

 

6分経ってようやく対向の普通桑名行きが到着。

これだけ時間の猶予があれば、次の蟹江ですれ違えたんじゃないかという思いが募ります。

 

ちなみに蟹江では対向列車がありませんでした。

 

 

その次の春田では、快速の亀山行きがこちらを待っていました。

 

 

八田では貨物列車がこちらを待機。

さすがに貨物を先に通すような愚行はしなかったようです。

 

 

急に線路の数が増えて、右手に名古屋高速が見えてくると、もう間もなく名古屋。

f:id:travelpudding:20171127175352j:plain

名古屋到着は16時45分で、定刻から2時間9分遅れで到着したことになります。

 

それにしても、単線の関西本線で運転見合わせが起きてから復旧しようにも、単線の影響で、なかなか思い通りに運行出来ない様子が垣間見えた気がします。

 

並行区間では、大人しく近鉄を使うのがベストだと言えるかもしれません。

 

続きます。

www.travelpudding.com