修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

ゼミ合宿でシンガポールへ〜スクート搭乗編〜 TR291便 バンコク(ドンムアン)ーシンガポール

ドンムアン空港の無意味な乗り継ぎを終え、再びTR291便に乗り込みます。

 

これらの続きです。

www.travelpudding.com

www.travelpudding.com

 

f:id:travelpudding:20171219102900j:plain

機材も座席番号も成田〜ドンムアンと同じなので、何も代わり映えしません。ボーディングBGMも当然同じ。

 

乗客の顔ぶれは半分ぐらい変わった気がします。日本人率がさらに減りました。むしろ、この区間で日本人が増えたら驚きますけど。

f:id:travelpudding:20171219102922j:plain

バンコク時間の15時45分ごろにはプッシュバックしました。

 

同じバンコクのスワンナプーム国際空港よりも「待たされない」のは、単純に飛行機の便数の違いから来るものかもしれませんが、こちらとしては、定時運行をしてくれるならなんだって構いません。

f:id:travelpudding:20171219103008j:plain

16時5分 無事離陸し、バンコクを後にします。

 

16時20分ごろ、シートベルト着用サインが消え、シンガポールの入国カードが配られました。

 

と同時に機内販売を再開。

 

 

私も友人も空腹だったものの、意地というかプライドというか、「ここまで来たら…」というような思いにいたり、結局機内食のリクエストはしませんでした。

 

 

他の乗客が機内食を食べているのを見ましたが、想像以上に貧相でした。「あれで飲み物込み1200円は高すぎ」という意識が働き、シンガポールまで耐え抜く決意をより強固にしました。

 

 

※というか、この時点で買うぐらいなら成田〜ドンムアンで購入しています。そうしなかったのは、ドンムアン空港で保安検査を受けることになるからです。

 

 

気流の影響で、ベルト着用サインが点灯。温かい飲み物とカップヌードルは販売を一時中止しました。

 

ただ、外は非常に綺麗で、思わず写真を撮ってしまいたくなる光景が広がっていました。

f:id:travelpudding:20171219103107j:plain

 

f:id:travelpudding:20171219103200j:plain

結局ベルト着用サインは消えず、シンガポール時間の18時15分ごろ(バンコク時間だと17時15分ごろ)、機内販売は終了。

 

18時35分には降下を開始し、18時50分に着陸態勢に入りました。

 

 

19時ちょうどにシンガポール・チャンギ空港に着陸。着陸から8分で駐機場に到着しました。

f:id:travelpudding:20171219103255j:plain

成田空港を出発してから約10時間かかった計算ですが、非常に疲れました。

 

成田〜ドンムアンなら十分アリな内容だったのですが、乗り継いでシンガポールまでとなるとかなり厳しいです。

 

シンガポールまで行くにしても、ドンムアン空港でのゆとりがちゃんと確保されていれば、また話は別だったかもしれません。

 

 

※ちなみにこのゼミ合宿には教授も同行していたのですが、教授はスクートではなく、成田発着のシンガポール航空を利用しています。

 

生徒を見殺しにすることに罪悪感がなければ、非常に賢明な判断と言えるのではないでしょうか。