修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

マラッカを1日観光

もうすでに1年近く前の話ですが、マラッカへ行った話をまとめます。

Google Mapと合わせて見ていただければ幸いです。

 

こちらの続きです。 

www.travelpudding.com

 

マラッカは、マレーシア西南部の港湾都市で、街並みが世界遺産にも登録されています。

 

 

とは言うものの、非常にコンパクトシティなので、主要観光地を巡るだけなら1日で終了してしまいます。

 

※今回の滞在は基本的に徒歩で移動しています。

 

私が宿泊した「ホリデイイン・マラッカ」からは、特徴的な屋根が見られます。結構壮観。

f:id:travelpudding:20180503085847j:plain

写真右側に見える細い棒のようなものが、「マラッカタワー」です。

 

マラッカタワーも十分観光スポットですが、わざわざ高いところに登る必要もないと判断し、今回はパス。

f:id:travelpudding:20180503090057j:plain

マラッカタワーからしばらく歩くと、船の形をした建物が現れます。これが海洋博物館とその一帯の建物ですが、この日はおやすみだったため、入館はかなわず。

 f:id:travelpudding:20180503082147j:plain

その近くを流れるのがマラッカ川です。

 f:id:travelpudding:20180503082241j:plain

ここでクルーズなんかも行われている、マラッカを代表する川です。(実はこの川、ワニが泳いでいるんですけどね…)

 

海洋博物館から少し歩くと、オランダ広場と呼ばれる広場があります。

f:id:travelpudding:20180503082501j:plainf:id:travelpudding:20180503084528j:plain

タクシーの運転手曰く、マラッカで1番有名な場所だそうで。

f:id:travelpudding:20180503084110j:plain

確かに大勢の人たちが集まっていました。

 

また、商標ガン無視カー(トライショーと呼ぶらしい)が集まっている、不思議な光景が広がっています。

f:id:travelpudding:20180503084159j:plain 

オランダ広場を後にし、少し坂を上った先には、「セントポール教会」があります。

 

フランシスコ・ザビエルの像もあり、なにか神聖なムードが漂います。

f:id:travelpudding:20180503090459j:plain 

中はボロボロだったりするので、ヨーロッパの教会のように「美しい…」と感じることはありませんが、これはこれでアリだと思います。

f:id:travelpudding:20180503090618j:plain

オランダ広場とは逆方向に坂を下りれば、「サンチャゴ砦」があります。

f:id:travelpudding:20180503091049j:plain

もともとは1511年に、ポルトガルが防衛のために作ったものだそうで。

 

500年近く経って、まだ一部が残っているというのもすごいですよね。

f:id:travelpudding:20180503083833j:plain 

再びオランダ広場に戻って、少し歩くと、「セント フランシス ザビエル教会」があります。

f:id:travelpudding:20180503082611j:plain

中は出入り自由だそうですが、何か入りづらい雰囲気がビンビンだったので、やめておくことにしました。

 

マラッカ川沿いは、写真撮影にはおあつらえ向きの場所が多いので、結構好きだったりします。

f:id:travelpudding:20180503084021j:plainf:id:travelpudding:20180503084415j:plain 

再びオランダ広場に戻って、今度は、マラッカ川を渡って、チャイナタウンの方に向かいます。

 

ジョンカー通りを歩けば、そこはまさしく中国っぽい世界が広がっています。

f:id:travelpudding:20180503093411j:plainf:id:travelpudding:20180503093434j:plain

ジョージタウンでも同じ感想を抱きましたが、マラッカも、様々な国の文化が入り乱れるマレーシアらしい都市だなあと思わされました。

 

見るところも見たので、クアラルンプールに帰ります。

 

www.travelpudding.com