修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

JAL723便 成田~クアラルンプール(2017.9)

またJAL723便に乗ってクアラルンプールへ向かうことになりました。今回は3ヶ月空いたのでまだ良しとしましょう。

 
しかし、今回は友人と一緒でしたので、普段とはちょっと勝手が違います。

 

 

 

その友人は往復マレーシア航空で予約。私は、往路はJAL、帰りはマレーシア航空で予約。

 

つまり、行きの成田~クアラルンプール間は、別便移動ということになりました。

 

 

 

友人の乗るマレーシア航空89便は、定刻だと10時30分発。私の乗るJAL723便より約1時間早い出発です。

 

その友人をラウンジに招いたあと、ゲートまで見送ることにしました。

f:id:travelpudding:20180803114357j:plain

相変わらずカオスな搭乗の分け方をしているマレーシア航空。これもいつも通りっちゃいつも通り。

f:id:travelpudding:20180803114330j:plain

ボーディングを済ませた友人と離れ、私は再びサクララウンジに向かうことにしました。

 

サクララウンジからは、マレーシア航空のA380が見えるのですが、なかなか動き始めません。

f:id:travelpudding:20180803114248j:plain

友人に尋ねると、台風18号(2017年)の影響で出発が遅れるとのこと。なし崩し的にJL723便も遅れるだろうなと思いつつ、ラウンジで暇をつぶしました。

 

ただ、サクララウンジにいてもやる事がないので、定刻通りの時間にゲートに向かってみたら、案の定遅延していました。理由は先述した通り、台風による航空路混雑の影響。

f:id:travelpudding:20180803114113j:plain

搭乗時刻は40分繰り下がりましたが、この程度は誤差の範囲とも言えます。ゲート前で大人しく待っていました。 

 

 

 

きっかり40分後、優先搭乗を開始。この時点で長蛇の列でしたが、20分後の12時にはドアクローズにこぎつけました。

f:id:travelpudding:20180803114609j:plain

しかし、ドアクローズしてからはピクリとも動かず。しばらくして機長からのアナウンスが入りました。

 

「東南アジアを経由する便が台風を避けて、このルートを取っている影響で、航空路が混雑している」

「管制から、プッシュバックは12時15分以降、離陸は12時40分以降にしろとの命令が入った」

「飛行時間は6時間半。クアラルンプールに到着するのは30〜35分遅れの予定」

とのこと。かなり遅れを取り返せそうなのは意外でした。

 

 

 

(日本時間の)12時17分、プッシュバック。

f:id:travelpudding:20180803115424j:plain

外は雨が降りしきっていました。飛べるだけラッキーと思いましょう。

 

12時47分、ようやく離陸。

かなり長い距離を使って離陸していました。

 

結構揺れていましたが、ぐいぐい高度を上げていきます。

f:id:travelpudding:20180803114830j:plain

離陸後15分で、シートベルト着用サインが消えました。

 

その15分後には、お手拭きのサービス。

 

離陸から1時間後、13時45分ごろおつまみとドリンクが提供されました。

f:id:travelpudding:20180803115502j:plain

そこからさらに1時間かかって、ようやく機内食が提供されました。

f:id:travelpudding:20180803115525j:plain

航路上の天候や遅延のせいもあるため、仕方ないとは言え、さすがにこれは遅すぎるのではないかなと思います。

 

 

ちなみにこの時点で(日本時間だと)14時40分。昼ごはんというよりは、おやつの時間でしょう。

 

今回はハンバーグを選択しました。味は特に問題ありません。

 

 

食事の後は2時間ぐらい爆睡していましたが、大きな揺れによって目覚めてしまい、そこからは寝つけず。着陸1時間前だったので、起き続けることにしました。

f:id:travelpudding:20180803115624j:plain

クアラルンプール時間の17時55分、着陸態勢に入ります。

 

18時08分、無事着陸。

f:id:travelpudding:20180803115801j:plain

25分程度遅れたこと以外は、いつもの駐機場に停まり、シートベルト着用サインが消えるやいなや、エコノミーの乗客はグイグイ前に詰めて降機を待ち、CAさんのアナウンスをきっかけに、慌ただしく逃げるように降機する。

 

そんなルーティンのようなものを感じながら、私も降機し、友人の待つターミナルへと急ぎました。