修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

ブリティッシュエアウェイズ6便 成田〜ロンドン

JAL128便で羽田に着いたあと、いったん自宅に戻り、翌日成田に向かいました。

 

 

www.travelpudding.com

 

今回搭乗するのは、成田12時35分発のブリティッシュエアウェイズ6便(以下BA6便と表記)です。

f:id:travelpudding:20181111080954j:plain

BA6便は、2017年10月まで基本的にB787-9で運行されていましたが、11月に入ってから、B777-200ERに変更されてしまいました(2018年10月現在、再びB787-9で運行しています)

f:id:travelpudding:20181111081552j:plain

事前に座席指定が可能だったので、シートマップを見てみましたが、B777-200ERで運行されるのがほぼ確定していました。

 

ついでに調べてみると、機材は「G-YMMK」。2000年から飛び始めている機材だそうで。

 

 

787を狙っていたのに、機材変更をされてしまったため、今回のフライトはあまり好材料が見当たりませんでしたが、あがいてもどうしようもないので、受け入れるしかありませんでした。

 

閑話休題。

 

THEアクセス成田を使って1時間45分前に成田に到着。

 

www.travelpudding.com

 

チェックインを済ませ、保安検査と出国審査を速攻終わらせます。

 

今回もメインターミナルのサクララウンジへ。

 

 

ラウンジに長居しすぎたせいで、少し出遅れましたが、ビジネスクラス用のレーンは機能していたので、優先搭乗の権利を行使し、早速機内へ。

f:id:travelpudding:20181111081230j:plain

座席は、見た目通り、背中のホールド感が結構ありました。

f:id:travelpudding:20181111081446j:plain

足元は標準的な広さですが、フィンランド航空よりも広く感じました。

f:id:travelpudding:20181111081303j:plain

 

個人用モニターやその周りは、どうしても年季を感じさせるようなつくりになっていました。運航開始から17年目の機材ともあれば、最新鋭の機材とのギャップがあるのは仕方ありません。

f:id:travelpudding:20181111081651j:plainそれにしても、ロンドン・ヒースロー空港まで12時間以上飛ぶにもかかわらず、USBポートが存在しないことに驚きました。

 

 

機内の日本人率はあまり高くなく、外国人の方が多かったです。

 

これは、羽田からは日系2社が…いや、もっと言えばBAもロンドンまで運行しているのに加え、フィンランド航空とは違って、日本発だとそこまで安くないことも一因ではないでしょうか。

 

とはいえ、日本人CAも搭乗しているので、英語がわからない乗客も安心です。

 

 

 

(日本時間の)12時25分、プッシュバック。

定刻より10分早かったです。

 

オーディション風のセーフティーデモが流れ始めます。

f:id:travelpudding:20181111081813j:plain

12時40分ごろ、無事離陸。

 

10分ぐらいでシートベルト着用サインが消えました。

 

13時35分ごろ、ドリンクサービスがやってきました。

1本150mlのコーラを2本いただくことにしました。

f:id:travelpudding:20181111081916j:plain

14時10分ごろ、ようやく機内食がやってきました。

私はビーフを選択。

f:id:travelpudding:20181111082037j:plain

BAの機内食はあまり美味しくないと聞いていましたが、メインディッシュはしっかり温かく、シンプルな味付けだったので、個人的に当たりでした。

 

つくねとさつまいもが温かければ、特に何も言うことがありませんでしたが、メインディッシュが美味しかったので、特段気にする必要はないかもしれません。

 

 

また、若干量が少ないように感じるかもしれませんが、ラウンジでカレーを食べているので、この程度で十分です。

 

 

デザートはラズベリーケーキでしたが、こちらも美味。

 

食後のコーヒーもしっかりいただきました。

 

その後は寝落ちするかのように眠りにつきました。

f:id:travelpudding:20181111082811j:plain

2時間半ほど眠ったところで目が覚めたため、再び寝ようとしましたが、隣席の外国人カップルがイチャイチャしていてうるさく(なんなら足に何度もぶつかってきました)、

結局ぼーっと過ごすことにしました。

f:id:travelpudding:20181111082216j:plain

成田を出発して8時間が経った頃、エコノミー症候群対策のため、いったんトイレに行きました。あいも変わらず外国人カップルはイチャイチャ。

 

到着1時間前になって、2度目の食事が配布されました。私はスパゲティを選択。ただ、味が濃かったので、全部食べ切れませんでした。

f:id:travelpudding:20181111082313j:plain

到着40分前ごろから、徐々に降下を開始。

 

(ロンドン時間の)15時35分にベルト着用サインが点灯し、あと20分で着陸するとのアナウンス。

 

こんな感じで旋回して、

f:id:travelpudding:20181111083109j:plain

雲を望みつつ、 

f:id:travelpudding:20181111083142j:plainf:id:travelpudding:20181111083159j:plainf:id:travelpudding:20181111083256j:plain 

ロンドンの街並みを見下ろしながら、

f:id:travelpudding:20181111083346j:plainf:id:travelpudding:20181111083402j:plain

15時55分、予告通りの時間に、ロンドン・ヒースロー空港に着陸しました。

 

着陸から約5分で、BA機ばかりが集まるターミナル5の駐機場に到着し、12時間40分の長旅は終わりを迎えました。

f:id:travelpudding:20181111083502j:plain

機材変更によって「お古」に乗ることになったわけですが、存外快適なフライトだったように思えます。(もっとも、隣席の外国人カップルは本当に鬱陶しかったのですが)

 

しかし、これよりもさらに古い機材に乗ることになるとは、この時思ってもみなかったのですが………

 

続きます。